2021年8月16日月曜日

もうロックダウンしないと いけないレベルだと思う

 とある人は こんなことを言っていた。


これが本当の 第一波 だと・・・。


本当にそう思う 。

地震で言うと今までの波は 余震みたいなもので本震はこれからなのかもら・・・。



このままだと海外と 同じように一日1万人、2万人になる恐れが高くなってきた。

皆さん本当に 危機感なさすぎる 自分だけは 大丈夫 ではなく 弱者のためにも考えてみましょう



今こそ自宅自粛 しないと思いますが


 ワクチン打ったから大丈夫ではなく デルタ株や、先日 国内で初めて 初めての感染者ぁが見つかった 南米の新株(ラムダ株)はあまり ワクチンが効かない という報告もある 。



これが資料でした。以下


南米ペルーの 現在の状況は


ペルーは感染者数が200万人を超え、感染死者数も20万人近くに及んでいる。 国際統計サイト「Worldometer」のデータによると、人口100万人当たりの感染死者数は約5700人に上り、世界最多になっている


一方、チリではラムダ株が過去60日間の感染で32%を占めた。これは、ラムダ株がブラジル型変異ウイルスのガンマ株(33%)とほぼ同程度で流行していることを意味する。


そして、イギリスで最初に発見されたアルファ株の4%をはるかに上回っている。チリは感染者数が約150万人に及び、感染死者数は3万人を超えている。


WHOは、ラムダ株が感染力が高く、中和抗体に対する耐性を持つ可能性があると指摘した。


しかし、WHOはエビデンス(実証的な証拠)が限られていることから、ラムダ株については引き続き、さらなる調査が必要だと述べた。

WHOは、変異型を「懸念される変異株」(VOC)と「注目すべき変異株」(VOI)に分類している。警戒度はVOCよりVOIの方が低く、VOIはあまりニュースの見出しを飾ることはない。



しかし、インドで最初に確認され、現在はVOCに分類されているデルタ株も、5月11日まではVOIに分類されていた。ラムダ株も、デルタ株同様に今後世界中で感染が広がる可能性があ

る。


という事で、



まだまだ 油断していたら、えらいことになると思いますが・・・。

皆さんどうですか 個人的にはロックダウンと、 大都市での 一斉PCR 検査も 仕方がないのかなと思います。

素晴らしいアスリートの言葉

オリンピックや競技大会になると、やっぱり選手として


ライバルに勝ちたい

とは思いがちですが

勝敗よりもなにより


 仲間と楽しく終える事

相手を認め合うこと

それが一番大切だというような言葉を言っていた人がいた。


今回のオリンピックでは、これが心に強く残った。



世界選手権を2度経験した自分には全くこのような考え方はなかったと思う。


世界トップレベルの競技者の考え方にはほど遠かったですね。

一度目の世界選手権では、世界のレベルも知らずに

行きました。


まー俺上手いし

この大会に勝って

一番になれると、自信過剰で世界に行った大馬鹿野郎でしたねー


ほんと。今振り返っても恥ずかしい。。。

若い頃は勝つことしか考えれなかった。

世界の

トップアスリートの意識はやっぱり素晴らしいね


1年半ぶりの舞台鑑賞

 このコロナ禍で多くの舞台イベントやお芝居、コンサート、ミュージカルは中止や延期になって多くの演者は辛い日々を余儀なくされています。なさっちもその一人ですが中には収入が激減しパフォーマーを諦めて違う仕事についている人も多くいてます。


その中、我がメンバーの長老ダンサーのとーこちゃんが芦屋でミュージカルのダンサーとして公演されるということで見に行って来ました。


もちろん感染予防対策を確りしてる中での公演だと聞いて伺いました。

1年半ぶりの舞台鑑賞です。

さてこのコロナ感染者がめっちゃ拡大しているこの時期にと思われる方もいると思いますが・・・なさっちもどんな座席空間でやるのかなーって、少しビビりつつ、興味がありましたが・・・想像以上にお客さんすくなーい。ガラガラヘビ(とーこちゃん悪口違うで~)


少なすぎて・・・びっくり。




大赤字公演ではと・・・すぐ計算してしまうのは同業者だからかも・・・。大阪人はやらしいです苦笑


内容はさておき、とーこちゃんのダンス流石❣


タンゴも踊ってたしタップも素敵でした。踊っているときは別人(笑)


そして元oskの方々。

みんな同じ顔に見えるのは僕だけでしょうか・・・。


なにはともあれ、しっかり居眠りせず最後まで楽しく見れました。\(^o^)/


ただストーリー全くわからなかった・・・。苦笑


お疲れ様でした。