2012年3月29日木曜日

京都ハッピースマイルのイベント



先週土曜日のイベントでーす。




こちらのイベントになさっちが参加させて頂いたのは今回で4回目になるのかな~






すぐ近くに金閣寺!




そして控室からは送り火(大文字焼き)が見える様な辺りでのイベント会場~





























普段ここでお稽古している方々の発表会みたいな…笑顔で・・・うははははは~

バンドありの・・・









ダンスありの・・・前回は一緒に踊ったよねートライアングルさんたちと!





フラダンスもありの・・・





































若い子もありの・・・

























なんでもありです!!!!
ちびっこもありの














順番バラバラでアップしていますがなさっちも全然練習もせずの当日少しリハーサルだけでの出演で申し訳ない様な動きで踊らさせて頂き

なんかトリみたいな流れですが違いますよ。途中。












なさっちも頑張って踊りました。(若いおねーちゃんと…たぶん)














この3人ちゃいますよ~










ややこしい写真を一枚挟みまして・・・。












踊り終わった後に、我がなさっちのダンスの師匠でもあるミッチさんがサプライズで駆けつけて下さいました





まさかここで登場されるとは聞いていなかったので・・・。








話すとちょー長くなるのですが、僕に17年前この近くの施設の端っこでこつこつ僕にダンスを教えて下さったプロダンサーのミッチさんなんです


     。(ここ見て)





左のピンクの子が10歳の時に初めて一緒にも踊りましたよね~





ミッチさんの娘さんです。






またこう言う原点の地で17年経ってもこうして踊れるチャンスをくださった皆様にも感謝感謝。






そして頑張って続けてこれた自分にも少し褒めたいなーと思いました(笑)





でもやはり17年前の辛い練習や環境を思い出すと涙が自然に湧いてきてしまいました。








後で楽屋でも2人で年取ると涙もろなってすぐ泣いてしまうよなーってみっちさんとまた半泣きなって写メ撮りました。
















プチ感動。。。。














久しぶりの号泣~~~~~~





継続は力なり。継続は信なり。


































そして最後はやっぱ太鼓。太鼓と踊りは人間の娯楽の原点!





なんかめっちゃ楽しかった~~






こんな楽しい4時間あっという間~~~





人生は出会い。出会いに感謝。(これ最近使ってます)










この日のスタッフ皆さん本当にご苦労様でした。












また寄せて下さいね。











なさっちも生まれは奈良ですが京都人です。




すき焼きの肉はかしわだよー

2012年3月28日水曜日

情けない。知らなかった今のイラク

知らなかったアフガン・・・。
昨夜報道ステーションを見ていた。

その特集は『今のアフガンの生活』


そして西谷文和さんが報告をしていました。


衝撃的でした。そして心が強く締め付けられたというか何か引き裂かれる悔しさ、辛さ、・・・なんと表現したらいいのか。



(ここ)





今までに感じた事のないような悲しさで、心が動かされました。早速連絡を取りたくてメールを送りました。


返事はないけど・・・。







東日本の被災地の支援・・・それも大切だし忘れてはいけない事ですが、それ以上に先に支援が必要な人たちが僕たちの住む地球にあると強く思いました。










きっと『日本が先だろー』って言う方の方が多いと思います。以前阪神大震災で動物を助ける活動をした時も多くの方から『おまえはあほか。動物より先に人間やろ』と言われました。
きっとこの写真を見ると









被災地より絶対一日も早い支援はこう言う所だと思います。





皆さんはどう思いますか?
僕はただお金をを寄付するだけではなく、何か行動しようと決めました。





きっと今頃するのかと思われると思いますが、だって正直海の向こうの情報で認識不足、勉強不足、他人事みたいな事で恥ずかしいけど無関心でした。









ジャーナリスト西谷さんが今現在を取材して下さりそれを知る事で考え意識がかわりました。





今さらですが子供たちにご飯毛布靴靴下…一杯過ぎて何からどうしたらいいのか分かりません。でも何もしないではいれなくなりましたね。





この写真は一番胸が張り裂けそうなくらい辛い現状でした。氷点下15度の中あんな薄い服をまといあんな寒い所に一日何も食べずに子供たちのために物乞いをする女性…


これだけでも大ニュースになるよね

日本では考えられないよなー












そしてやけどで両手を切断しなければいけない赤ちゃん



でもお薬が買えない・・・。

生まれる場所が違うだけでここまで辛い生活はひどすぎる。絶対助けるべきですよ。
悲惨と言うか地獄のような・・・。

みなさんお願いです。

一度こちらの西谷さんの報告を読んでみてください。 (ここ)

西谷さん勝手に写真使わせてもらいました。ごめんなさい。


http://www.nowiraq.com/


そしてなさっちと何か行動しませんか?
だってこの瞬間も氷点下10度15度で震えて裸足で外で生活している子供がいるんですよ






微力ですが僕は東北よりも先に助けを待っている国は飛行機で10数時間で行ける場所。
大阪から去年車で行った石巻までは12時間。

あまりかわらないよね。


そしてぜひなさっちと温かい生活が出来るための支援しませんか?
小さな力も束になれは強い力になるよね。

おーい世の皆さん。一緒に行動しませんか?


2012年3月21日水曜日

交通安全は心のばりあふりーから~滋賀県長浜~

先日は長浜市へ行ってきました。久しぶりの夜の講演会はなんか朝からソワソワ・・・。


伊吹山は真っ白でした。


やっぱり寒いよねー



講演会自体の写真はないのですが無事講演会も終え帰りにスタッフさんとパチリ!



みなさんありがとうございました。






国立福井病院に

卒業式が終わり、お昼の時間を利用してもう一つ訪れた所。

それが国立福井病院。

ここにはお友達が入院している。

それも40年。。。


明るくお話をしたいのですか40年入院していると聞くと複雑なおもいになるよなー



僕より3つ上のまーちゃんやもう少し上のかっちゃん。

年下の人。

一杯いてて全然名前覚えれませんが・・・(苦笑)


今日もロビーて言う所やローカにみんなゴロゴロ。

うわ~~~~どうしたらいいやら。

すごい光景。。。なんだここ。。。。


(これが数年前初めて来たときの正直な気持ち)


なさっちは偉そうなこと言えませんが福井に来たら必ずここの病棟に寄ることにしています。

やっとマーチャンと言うお友達も出来ました。

ちょいつづく。





2012年3月20日火曜日

6年生たった19人の卒業式

昨日福井県美浜町に行って来ました。

以前から個人的に交流のある学校の6年生の
福井県美浜南小学校の卒業式に出席させて頂きました。





去年の修学旅行の一日目も東大阪に宿泊するという事でひょっこりホテルでストーカーのように待ち伏せをしたり(笑)と


 (ここ)


何度かこの学年のみんなとは交流をさせて頂きました。







全国でも一番多いのかも・・・。



なので特別な思いがあり、ひょっこり福井県まで行って来ました。









こちらの学校の卒業生は19人



19人1人1人名前や生年月日などゆっくり丁寧に呼ばれていく卒業式は都会では考えられないようなアットホームで温かく元気で素朴心が熱くなるというか癒されましたねー





感動した~






無事卒業式も終り教室に戻って来ました。

突然担任の先生からなさっちにも一言お祝いの言葉をと頼まれまして・・・。


あ~苦手~

全然いい言葉が浮かばず・・・。






心の思いが言葉にならず・・・。










なさっちも何か卒業した気分でみんなとパチリ!







担任の先生、校長先生ご苦労様でした。












教師と言う仕事に改めて素晴らしさを感じた一日でした。
















この後の午後からのお祝い会にもずーずしく参加させて頂きました。












AKBのダンスや漫才




保護者のぐだぐだな歌(苦笑)

















なにはともあれ、一生忘れられない想い出の卒業式に同席させて頂き本当にうれしく思います。






きっと君たちはこれからもっともっと大人になって行く上で、いろんなな事にチャレンジし、間違い戸惑いくじけたり、そして時にチャンスが訪れ成功し喜びも悲しみもいっぱい経験するでしょう。









でもなさっちは今日出会った19人のさらに10年20年先きっと更にたくましくなった姿を想像しいつか未来でその勇姿で再会できる事を楽しみにしています。












お元気で・・・。












2012年3月14日水曜日

3年ぶりのMRI

2カ月待ちのMRIの検査に来ました。


定期的に脊髄の(頸椎あたりの髄液の量などを検査)


毎回検査結果を聞くのは怖いですがこれをしていかないと手まで動かなくなる可能性や、ひどければ死んでしまうのでちゃんと検査していかないといけません。




結果はOK~~~~ほっとしました。



しかし一か月も咳が止まらないので内科で見て貰うことになりました。

こんな一杯お薬もらいました。







こんなに貰ったのは過去にもないような、あるよう・・・。

もしかして肺炎。。。。

なにはともあれこれだけみてもらって薬もらって500円。


ありがたいですが本当に一割負担でいいのだろうかと日本の医療保険制度に不安を感じる今日この頃です。

愛莉2歳になりました