2016年8月5日金曜日

靖国神社に・・・

13年前の夏の日に初めてお参りしにきました。きっかけは24時間テレビのお仕事でたまたま1か月靖国神社近くのホテルに泊まって暇だからぶらり靖国へ・・・










その日は偶然8月15日の終戦記念日でした・・・暑さの中、神社に入っていくと、大鳥居のところで頭を深々と下げる人たちがいっぱいた。そのまま進むと、金色の菊の御紋があり神門を通って、(スロープもあった)拝殿まで進むんで賽銭を投げて参拝する。(ここにもスロープがあったかな)

参拝者の中には戦闘服を着て坊主頭の右翼団体もいて拝殿の前で「天皇陛下万歳!」などと叫んでいた。大日本帝国時代の幟を掲げた右翼団体も目立つ。
そしてなによりも街宣車の数が100台以上・・・テレビでは絶対映さない事実。迫力満点。
この人たちは毎年終戦記念日にやってくる地方の既存右翼の人たちらしい。
学校単位で来ているのか、制服姿の中学生や高校生の団体も・・・修学旅行???
あの13年前の事は今でも記憶に焼き付いている。
でもその日、神社横にある博物館?
を見学してからここに祀られている戦争で亡くなられた人々の事を深く考えるようになりそれからは何度か来ることになりました。
そして、とあるこの日も少し時間が出来てぶらり・・・。
うまく言葉には表せないけど特攻隊の事だけでもいろんな思いがこみ上げてきます。この人たちの犠牲の元に今の平和があるんだと・・・。