2009年10月28日水曜日

凹んでます。

昨日、ユニバーサルスタジオのダンサーオーディションに行って来ました。







今年で6回目。




もうスタッフの誰が見てもなさっちは超常連。


情けない・・・。

でも頑張るしかない。


今回は番号も後ろの方だから今年も最後かなと安心していたら、何故か一番バッターで呼ばれました。
うわーこの空気いややなー
なんか温かく見てるのか馬鹿にして見ているのか審査員の視線が突き刺さる。
久しぶりの嫌な雰囲気。
でもここで暗くしていたらあかん。
開き直って踊ろ~
どうせ5回も落とされて何も演出考えてくれるような事一度もなかったし、思いっきりバリアを感じます。


踊り終えても審査員から質問すらなく去年や一昨年は前向きに考えますと言いつつ何もその事には触れなかった。


どうせ今年もと言う雰囲気しか感じませんでした。





唯一去年とは1つ違ってたのは審査員以外に優しそうな女性が見学に来ていました。
この方はUSJの社会貢献担当の課長さんらしく、なさっちの事を聞きつけなんとかパレードダンサーではなくてもUSJの社会貢献イベントに単発で出れるような企画を考えたいのですがと、別室で面接を受けた。


喜んでいいのか悲しんでいいのか、心の中ではかなり複雑です。


やっぱり福祉のイメージしかないのか・・・。


なさっちはUSJの福祉イメージに使われるのか・・・。


利用されるだけ???


いろんなことが帰り道の車の中で混みあがってきた。













結局パレードダンサーのオーディションは今年も落ちました。



そして社会貢献のイベント出演の話はこれからのらしくて、妥協して媚びて出させて頂けるのならよろしくお願いしますとお返事した方がいいのかな・・・。


皆さんはどう思いますか?


なさっちはかなり凹んでいます。





バリアフリー・ライフスタイル論 2回目

先週から後期のバリアフリーライフスタイル論の授業が始まりました。


今回で第2回目の授業にはなさっちのお友達の高津さんに来て頂きました。




今回はほとんど高津さんに授業をお任せしてなさっち先生もお勉強させて頂きます。






高津さんは視覚に障害があり、なさっちとはまた違う点から生活の不便さやいろんな経験事を話していただきました。

そして途中に点字の打ち方などの実演もして頂きました。
なさっちもこうして見せてもらうのが初めてでしたのでワクワクしました。




でも不思議・・・???


点字で書いた星の王子様の絵本をみんなに回したのですが
なんでこれが読めるの???と声が上がっていました。
ほんとなさっちも不思議・・・人間何事も訓練が大切!







そしてなさっち先生にも点字を打っていただきました。
さてみなさんなんて読むでしょうか・・・???




答えは







男前ではなく、【かな?】になっているところが高津さんらしいなぁ~!

なにはともあれ3年目のこのコースは10名に増えました。
みなさんこれからの3ヶ月半よろしくお願いしますね。