2019年8月16日金曜日

高橋ジョージ ロード14章 あなたはどう思う

昨夜も君の夢を見てたんだよ
ずっと君を抱きしめていたんだよ
悲しいことにひとつ気づいた
あれから時は流れてたのに
君はちっとも変っちゃいない
何かもがあの時のままなんだ
だって、おれは少しづつ老いていくのに、君だけが歳をとらない
この道を通るたびに思う
どんな思いでタクシーに乗って
最後に過ごしたあの夜に思い出だけはだれにも奪えない
3年前、大阪のホテルの部屋で俺と手を繋いだまま寝ていたね
今も、おれは少しづつ老いていくのに、君だけが歳をとらない
9年分の涙と笑顔写真や動画や手紙を見ては
一日だって忘れたことはない、これが親の愛なんだね
君の服もとってあるんだ、もう着れないことはわかってるけど
歯ブラシも靴もあのぬいぐるみもすべてあの時のままさ
目の前にあったあたりまえの事も生きている事さえ奇跡なんだね
だって今の俺には僅かな幸せが君を夢の中で抱きしめる
君を夢の中で抱きしめる だけど君だけが歳をとらない
パパの歌って波が出るよでも楽しい歌を歌ってほしい
だって笑顔が好きなんだもん
それが子供の愛なんだね それが子供の愛なんだね


親権があるからと言って 何をしてもいいわけではないと思うし 子供を連れ去るその行為自体が卑劣だ思いますよ。

 誘拐とか拉致とかと変わらない。

それ以上 ひどい行為かもしれません。皆さん こういう気持ちになるんですよね~~
 連れ去られた側の 父親たちは。 自分だけじゃないんだとこの歌詞を見て共感できます

 子供と会えない辛さから自殺した お父さんも いると聞いております 。

あまりそういうことをしない方がいいと思いますよ 連れ去りは